カイロプラクティックとは

仙台市内及び近郊の整体・カイロプラクティック院 ほぐれっくす

メールで問い合せ・予約する

カイロプラクティックとは

HOME > なぜ今までの施術で治らなかったのが劇的に改善するのか?

みなさんは、「整体・カイロプラクティック」をどれだけご存知でしょうか?

「なんか痛そう」、「ボキボキでしょ?」、「怪しい」・・・・・このようなイメージをお持ちではありませんか?

たしかにボキっと音が鳴ったり、少々痛い場合もあります。
でも、私達が行っている施術は、カイロプラクティックの科学的な根拠及び医学に基づいた、整体によるボディバランス矯正技術です。怪しいものではございません。理論的に筋骨格を整体する、安心な整体院です。

カイロプラクティックは、世界60ケ国に普及

カイロプラクティックの発祥地であるアメリカでは、すでにドクターの地位が確立していますし、現在では世界60カ国に普及し発展を続けている施術法です。

カイロプラクティックは、骨のズレによっておこる神経バランスの異常や痛みを、正しい状態に戻し、からだ本来が持っている自然治癒力を高め、健康を回復させる自然医療です。その適応範囲は広く、ほとんど全ての病気に効果があるといっても過言ではありません。(内科的疾患の進行してしまったものや、悪性腫瘍、外科的手術の対象となるのは施術の適応外になりますのでご注意ください。)

「ちょっとここだけの話!」アドバイス
施術院選びのポイントは?

どの技術や理論を基に行うかが重要です。骨格矯正はカイロプラクティックが世界的に正統派です。

カウンセリングと検査を基に、ひとりひとりに必要なカイロプラクティック施術プログラムを作成し、その説明と必要に応じてアフターケア、エクササイズのコーチング、予防ケアのアドバイスまでを行うのがカイロプラクティックを基にした整体です。

カイロプラクティックはカイロプラクティック院、またはカイロプラクティックをしっかり学んだ整体院で受けてください。整骨院、接骨院、鍼灸院などでも矯正を行う所が大変増えておりますが、それは整体である場合が目立ちます。

日本でカイロプラクティックを学ぶには最低でも2年必要と言われています。研修やセミナーを受けただけの先生方のカイロプラクティック施術は危険が多いので、ご注意下さい。

また、カイロプラクティック療法を受ける際は、問い合わせを行ない、カイロプラクティックを何年間学んのかを聞きましょう!専門家以外の施術は危険であることを知ってください。

カイロプラクティックは矯正とその機能性を正す技術が隣り合わせでなければなりません。ボキボキ鳴らすことや、硬いから揉む、硬いから伸ばす、そのような簡単な理屈ではありませんので、慎重に施術院を選択しましょう!

予防も大事です!

施術に伴い、アフターケア(日常生活の姿勢や体操)の仕方などをアドバイスしております。
オマケのワンポイントアドバイスはこちら
しかしそれだけを行えば改善するものでもなく、施術と同時にケア的に行うことにより、相乗効果を期待するものです。
頑張ると回数も少なくて済みますよ。

美容にも優れた効果を発揮します!

また、整体・カイロプラクティックは、美容にも優れた効果を発揮します。
関節をダイレクトに矯正するカイロプラクティックは、メスや機械、注射を使わないで美脚を目指す方、小顔になりたい方などにピッタリの美容法です

歪みを治すことで、自然な美しさを獲得したい方はこちらを御覧ください。

なお、当院ではマシーンはほとんど使用せず、手技中心で行っております。お客様の症状に合わせ、ときにはマシーンも使いますが、無理のない施術を行っているのが特徴です。

急な痛みから、慢性的な痛みで苦しんでいる皆様、お気軽にご相談下さい。

私たちは、痛みの本当の原因に正しくアプローチし、かつ完治を目指す事を一番に考えております。

例えば、「関節が痛い」という状態の時、その原因はどのような事が考えられるでしょうか?

病院での画像診断で、関節損傷などの異常が見つからない場合を前提としてのお話です。
関節痛の時、実は下記の2つの痛みの原因が考えられます。

関節痛
筋肉が弛緩したところでは関節に負荷がかかり、実は「腱の痛み」から関節痛となります。機械的刺激による発痛。
筋肉痛
筋肉が緊張したところでは、血流障害が起きて低酸素症となり、疼痛物質が生成されて、痛みの神経が過敏となります。化学的刺激による発痛。

「神経痛」と思われがちなシビレや痛みも、実は筋肉の痛みやその関連痛というわけです。なぜ痛いのか、という原因を正確に特定し、ケアする事が非常に重要になります。

痛みの種類は2種類

痛みは通常2種類あります。
「組織の損傷を伴うもの」と「組織の損傷を伴わないもの」の2種類です。

痛みは細い神経線維を伝わって脳に届けられて、そこで「痛み」として感じられます。

通常、痛みを伝える細い神経線維の働きは、関節や筋肉の状態を脳に伝える「太い神経線維」の働きで抑えられています。その鎮痛部位は末梢神経から中枢神経(脊髄)への入り口である城門と脳の本丸付近の城門の2箇所にあります。

ところが、「組織の損傷を伴うもの」の場合、「太い神経線維」の働きが低下して、痛みを脳に伝える細い線維の働きを抑えられなくなり、痛みの情報は城門から本丸へ素通りとなり、脳で痛みとして感じられ、痛みが発症します。

カイロプラクティックの施術は神経系に適切な刺激を与えてアンバランスな状態をリセットし、「太い神経線維」の働きを活性化させて痛みを伝える神経線維の働きをコントロールするのです。

また、「太い神経線維」の働きが低下すると、大脳の働きも低下して、結果的に交感神経系が優位となり、血流障害が起きます。そうすると、低酸素症となり、神経系が興奮しやすくなり、痛みが出ます。これも、神経系のアンバランスをリセットして、自律神経系の状態を元に戻して痛みを解消します。

では、どうして、「太い神経線維」の働きが低下するのでしょうか?
それにはもっと深い根本原因が考えられます。
それは機械的なストレス、生化学的ストレス、心理的ストレスの3つのストレスです。

機械的ストレスとは…
姿勢、反復作業、外傷など。
生化学的ストレスとは…
アレルギー、栄養欠陥、毒など。
心理的ストレスとは…
感情的しこり、家庭環境、人間関係など。

これらの3種類のストレスがいろんな組み合わせで痛みの原因となっています。ぎっくり腰やむち打ち症なども、実は生化学的ストレスや心理的ストレスが内在していたということもあるのです。

この原因にさかのぼって施術しないと、完治しません。

カイロプラクティックでは、体の仕組みにアプローチする構造的アプローチするだけではなく、ストレス等の、問題を引き起こしている本当の原因を追求する「機能的なアプローチ」も行うことにより、痛みを根本から施術するものなのです。

そのようなことから当院では、組織損傷の有無、どのようなストレス(仕事、食事、運動など)があるのか様々なお話をさせていただき、皆様にとって最善の対処法を探すべく努めています。

時には、「そこまで聞くのか~!うるさいなぁ~・・・」って思われることもあるかもしれませんが、どうかお付き合いいただきたいと考えております。

ご予約・お問い合せはこちら

ご予約・お問い合せ

お問合せは無料です。お気軽にご連絡ください。 メールで問い合せ・予約する

メールでお問合せご予約

独立開業カイロプラクターを目指す方へ TBカイロプラクティックカレッジ仙台校・福岡校

↑このページの先頭に戻る

TBCA公認 ほぐし・リラクゼーション・カイロプラクティック研究所 ほぐれっくすプライバシーポリシー

Copyright © ほぐれっくす.All Right Reserved.